【“命の商品化”を考える vol. 2】改正愛護法の飼育管理基準に関する議論…動物福祉と事業者

動物関係法令&知識2020/11/06

 

 

これまで報じてきたように、「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律(令和元年6月19日法律第39号)」(以下、改正愛護法)が昨年6月に成立・公布され、殺傷・虐待・遺棄を厳罰化する条項が今年の6月1日に施行された。

 

愛護動物の殺傷に対する罰則は、「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金」から「5年以下の懲役又は500万円以下の罰金」に引き上げられた。虐待や遺棄に関しては、100万円以下の罰金に加えて1年以下の懲役の可能性が追加された。また獣医師には、虐待と思われる事例を関係機関に遅滞なく通報することが義務付けられた...

 

詳しくはこちら →

 

 


記事提供:動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」


 

シェアする

  • line

このページを友達にシェアしよう

REANIMAL|リアニマル
上に戻る
Icon close green

{{ title }}