遺伝病の撲滅に向けた犬・猫の遺伝子検査 vol.1…疾患リスクの有無をチェック

動物関係法令&知識2021/02/09

 

 

犬の遺伝性疾患について、以前、筆者の愛犬のケースを通して問題提起を行った(参考記事)。この例に限らず、生まれつきの疾患を子犬が受け継いでしまうリスクを知りながら、親犬を繁殖に使い続ける事業者は少なからず存在する。また、健康に見える親犬や親猫でも、子どもに遺伝的疾患を発症させる可能性があることを知らない繁殖業者も多いだろう。

 

その結果、「日本は世界でも突出して犬の遺伝性疾患が多い国」(埼玉県獣医師会)と言われていることを、「"命の商品化"を考える」シリーズのvol.16で紹介した。ここでは、3回にわたってペット業界における遺伝子病検査について紹介する...

 

詳しくはこちら →

 

 


記事提供:動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」


 

シェアする

  • line

このページを友達にシェアしよう

ペットの迷子、被災時の行方不明に!ペットタグ
上に戻る
Icon close green

{{ title }}