遺伝病の撲滅に向けた犬・猫の遺伝子検査 vol.2…検査への賛否と海外の動向

動物関係法令&知識2021/02/17

 

 

前回は、犬・猫の遺伝病リスクをチェックするための遺伝子(DNA)検査について、ペットショップチェーンと競りあっせん業者、それぞれに異なるスタンスを紹介した。

 

その中でも、「日本最大のペットオークション」を標榜するプリペットは、検査に強く反対するステートメントを発表している。

 

遺伝子検査の限界と「命の選別」

 

その理由としては、遺伝子検査の限界を挙げている。全ての病気に関わる遺伝子を解明することが不可能であることや、遺伝子検査で問題がなくても遺伝性疾患を発症するケースが「1%ある」と指摘。また、「検査をして不良品を排除する」工業製品と、命ある犬猫を同等に扱うものであるとして、遺伝子検査を「命の選別」につながるとも表現している...

 

詳しくはこちら →

 

 


記事提供:動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」


 

シェアする

  • line

このページを友達にシェアしよう

ペットの迷子、被災時の行方不明に!ペットタグ
上に戻る
Icon close green

{{ title }}